一番大きい筋肉はどこ??

個人差はありますが、

 

一番大きな筋肉は「太ももの前側」にある(大腿四頭筋)というところです!

 

二足歩行をする人間はやはり下半身の筋肉が圧倒的に大きくなっています。

太ももの他にも、お尻の筋肉(大臀筋)、内ももの筋肉(内転筋)が大きい筋肉です。

 

 

 

では上半身ではどうでしょうか~

 

上半身の筋肉では、胸の筋肉(大胸筋)、背中の筋肉(広背筋)、肩の筋肉(三角筋)が大きく、

 

上腕の筋肉や前腕の筋肉のように腕の先端部に向かうほど小さくなっています。

 

 

そしてこれらの大きな筋肉のことを「大筋群」といいます!

 

トレーニングでは大筋群を優先的に鍛えていくことで、効率的に全身の筋力を向上させていけるかと思います!

 

大筋群を鍛えるトレーニングする際に、その他の小さな筋肉も働くことになりますので、

自然と他の筋肉も鍛えることが出来ます!

 

 

小さい筋肉のトレーニングも同じ日にやる場合は、先に大筋群のトレーニングをしてから小さい筋肉のトレーニングを行いましょう。

 

先に小さい筋肉をトレーニングで追い込んでしまうと後半の大筋群トレーニングで十分に大筋群を追い込めくなってしまいます。。

 

 

鍛える部位の優先度を決めてトレーニングをする順番も決めていけると良いかと思います^^

関連記事